山下ふみこプロフィール

1953年 沼津市大岡生まれ。県立沼津西高等学校卒業、
学習院女子短期大学人文学部卒業、東京テキスタイルスクール卒業。
帽子デザイナーとしてアトリエ開設。
祖父は「沼津乗馬クラブ」を開いた植松亀太郎、父は獣医 植松利顕。
母よ志ゑは戸田・大日丸出身。

議員としての活動

沼津市議会議員(2007年~3期)
障害者、子育て支援などを中心に、全議会で欠かさず一般質問に立つ。
財政的見地から、高架事業の見通しの甘さを追求し続ける。
2018年、沼津市長選に出馬

  • 県内女性議員を増やす会「なないろの風」を結成し活動
  • 全国自治体議員政策情報センター静岡県代表
  • 更生保護女性会会員

ボランティア活動

  • 児童発達支援センターみゆきのお散歩
  • ママディサービスの赤ちゃんのお世話
  • 香貫山影奉仕の香貫山清掃活動
  • 沼津ぼんどーるの親子食堂

私たちも応援します!

六車由実

障害を持っても介護が必要になっても、誰もが自分らしく生きられる社会を当事者と共に目指している人です。

六車由実
(『介護民俗学という希望』著者・介護福祉士)

勝部定信

家族ぐるみの長い付き合いの中で、山下さんについて感じることは、社会を正確につかもうとする持続した志を持っている人だということです。

勝部定信(医師)

鍋倉郁子

札幌から沼津に移住して驚いた事は目に見えない閉鎖感、駅も南北通じてない、ゴミ問題の遅れなど多くの時が止まった街。市財政を見極め住みやすいまちへ繋げて下さい。

鍋倉郁子(バイオリニスト)

山室義子

山下さんの今までの経験、実績をもとに、財政の優先順位を質してほしい。フレッシュ な気持ちで再度市政にカツを入れて頂きたい。

山室義子(元高校教師)

梶原ひろ子

政治は暮らし、暮らしは財政、市民の血税を無駄遣いしないのは家庭生活と同じ。未来の子どもと自然環境を守るには財政の勉強をしてきた彼女しかいない。

梶原ひろ子(自営業)

森田和子

時代が超スピードで変わる今、時代を捉える鋭い感覚と行動力が求められている。だからこそこれまでの彼女の行動は、これからも市民の期待に応えるでしょう。

森田和子(沼津西高同級生)

外岡功

十年以上前に香貫山で市政に関わる使命感を強く感じたと伺いました。過去三期に亘る実績に裏付けられる様に、市民の信頼に応え得る行動力のある人として応援します。

外岡功(元セールスエンジニア)