山下ふみこオフィシャルブログ

事業費

2023.02.23

鉄道高架関連事業費の見直し

https://www.city.numazu.shizuoka.jp/shisei/keikaku/station/jigyohi/index.htm

事業費の概要(全体事業費)

202321日更新

市では、事業の透明性をより一層高めるため、過去の事業費や市の負担のない事業も含めた沼津駅周辺総合整備事業の全体事業費を公表しています。
今回は、令和4331日を基準として更新したものを公表します。

↑沼津市のHPに公表。市長の市政方針の時にも事業費の見直しには一言も触れていなかった。
議員全員に少なくとも公表される2/1以前に報告があって然るべきではないのか。

それとも私だけが迂闊にも知らなかっただけなのか・・・

知らないまま事業費の見直しがされ、HPに公表。そして30億円の増額になっていたとは・・・

全体事業費の総額は1,995億円がさらに膨らみ2,272億円。この事業費の内訳にはJRの負担は一切示されていない。

因みに30億円の増額とは:
長泉・納米里ウェルピアながいずみ(体育館・温水プール複合施設約24億円)ができちゃう!

鉄道高架事業費県
鉄道高架事業費市

↑令和4年1/21(静岡県の公共事業の再評価で大きく公表) ↑令和5年2/1沼津市HPに公表されたが、メディア報道なし

https://www.pref.shizuoka.jp/machizukuri/kokyokoji/jigyohyoka/1003455/1046496.html
静岡県 令和4年度の公共事業の再評価結果

高架事業は見直すたびに増額と延伸になってB/C(費用対効果)は現在1.1、しかし、さらに下がっていくでしょう。
事業完成は20年先。でもその計画でさえ見通しがつかないほどの事業規模と長期にわたる工事です。

静岡県の再評価では沼川放水路の事業も増額(250億円→370億円)と延伸(H24年~R14年 工期 20年 )
令和3年7月の沼津市と富士市を襲った豪雨では、事業対象地区周辺において多数の家屋浸水被害(床上157戸、床下56戸)が発生した。その地域では、近年、激甚化・頻発化する豪雨被害により、新放水路整備の必要性が一 層高まっている。放水路ができるまでは不安は続きます。

私は鉄道高架よりもまずは住民の生命を最優先に考えた政策を進めてほしい。あなたは?

カレンダー

«6月»
    1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

カテゴリーリスト

アーカイブ

ブログ内検索

フィード