山下ふみこオフィシャルブログ

ジェンダー

2022.09.30

おっさんの掟」法学者 谷口真由美さん

以前、沼津市で議員と市民の全国政策研究集会に谷口さんの基調講演をしたことがある。
谷口さんは既に「おっさんの掟「大阪のおばちゃんが見た日本ラグビー協会失敗の本質」内部告発本を出されて半年以上が経過。「おかしなことをおかしいと批判し続けるのは大人の責任だと思うんです」と。

今私たち少数派と言われている議員たちの間でも「地方議会においてなぜ議員は男性が多いのだろう?」という疑問が出され合点がいくことがある。
その一つには「権力が好きという本能的なものがあるのではないだろうか」という意見。
特に根強い権力抗争があるといわれている政治の社会で、私はこの15年間全くそういう処に縁のないところで議員としての仕事をしてきたのでその状況は知らない。
でも女性議員を出していく意義を私たち県内女性議員のネットワーク「なないろの風」では、10年ぐらい前からその活動を県内で展開している。

現在、多様性が重視されている中、現実はまだまだ女性軽視の風潮は依然として根強い。私の世代前はそれが当たり前として受け入れてきた感がある。しかし、「おかしいことをおかしい」と思った人が声を上げることでしか、社会は変わっていかないのではないだろうか。
声を上げれば責任と覚悟がいる。その覚悟を背負いきれない私を含めて大半の人が泣き寝入りをしているのも現実である。でもその不当性に声を上げても、少数の声はかき消されてしまう中で、司法という場で闘おうとする仲間たちが政治の社会にも出てきている。
その変化がやっと表面化してきている感がある。日本の社会にもやっと当たり前だと思う事への理不尽さ不当さに声があがってきている。

おばちゃん党 (2)

2022.09.07

地方議会でのハラスメントby 三浦まりさん

8/20の全国政策研究集会における基調講演の1つは上智大学法学部教授三浦まりさんの「議会改革とジェンダー平等・民主主義」。
今朝の沼朝に、静岡まで取材にきていた記者さんがいたが、とても分かりやすい記事だったのか、市民から記事の感想が届き「あの事件もハラスメントというのでしょうね・・・」という声もいくつかいただきました。
まりさんも言っていましたが、問題はハラスメントをしている側がその認識がないこと。これは受けた当事者にならなければ分からないことなんでしょうか。寄り添わなくてもいいから想像してみて下さい。あなたが同じような仕打ちをされたらどう思うか・・・(これは母が私にいつも言っていたっけ)

これまで日本は男性中心の政治や文化が創られてきて、今、多くは少数派と言われる女性議員たちが正々堂々と「あるべき議会の姿」を求めて声を上げ始めています。

ただ、日本においてその声はまだまだ理想とは程遠い状況で、世界経済フォーラム公表のジェンダーギャップ指数は、2021年度は世界156か国中120位、政治分野においては147位でワースト10入りです。

女性議員が1人もいない議会は全国で2割にも上ります。

志を持った女性が議会に入っても、いじめやハラスメントに,辞めざるえないケースもあるようです。1昨年の大友さんの懲罰における出席停止が最高裁で勝訴したことはとても大きく、その後、議会内で受けた理不尽な懲罰や議員辞職勧告などの不当な仕打ちを裁判に訴える仲間が増えています。

内閣府でもハラスメントの実態調査を進めています。

三浦まり

カレンダー

«2月»
   1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28     

カテゴリーリスト

アーカイブ

ブログ内検索

フィード