山下ふみこオフィシャルブログ

アート

2021.08.01

駒形克己展 in ヴァンジ彫刻庭園美術館

世界的に活躍している造本作家/デザイナーの駒形克己さんは沼津市大岡に生まれたやんちゃな同級生だった。
彼の初期から現在に至るまでのデザイン展が3/6~8/31まで開催されている。
ニューヨークでデザイナーとして活躍し、1983年に帰国。

1989年長女が誕生した以降、多数の絵本を出版。1990年後半以降は、ワークショップ活動や、視覚障がい、聴覚障がいのある人に向けた絵本づくりなど、少数の人達に向き合う取り組みにも力を注いでいる。
ニューヨーク近代美術館のミュージアムショップでの発売を機に世界的な活躍をしている。

2012年急性白血病を発病し、骨髄移植を受け復帰。
2016年、ボローニャ国際児童図書展にて、
RAGAZZI SPECIAL MENTION AWARDを受賞

www.clematis-no-oka.co.jp/vangi-museum/event/1288/
8/7(土)14:00~16:00まで駒形さんの「ワークショップ4」(申込終了)その後にサイン会がある。
大岡中学校の時は生徒会長をし、バレー部でキャプテン。クラスでは発達障害のH君といつも一緒の彼。いつも明るく、屈託のないように見えていた。そんな彼が繊細なセンスをもつデザイナーになり、白血病を克服し世界で活躍をしている。
昔、彼が小学校3年生ぐらいだったか、空をピンク色に塗ってお母さんが先生に呼ばれたって。その時「どうしてピンクに塗ったの?」って。「その時はピンクに塗りたいと思ったから・・・」って、聞いたことがある。
彼のデザイナーとしての片りんはそんな時からあったのかもしれない?みんなが思う、当たり前のことの既成概念がなかったのかも。
当時からいつも弱い者の味方だったような気がする。同級生として仲間が活躍しているって本当にうれしいし、誇らしい。

カレンダー

«11月»
 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30     

アーカイブ

ブログ内検索

フィード