山下ふみこってこんな人!

リーフレット3
1953年 「沼津乗馬クラブ」を開いた植松亀太郎の孫、獣医 植松利顕の長女として生まれる。大岡小中・県立沼津西高校卒業

1974年

学習院女子短期大学・人文学部卒業後
川島テキスタイルスクール(東京工房)で染織デザイン専門コースで3年間学ぶ。その後帽子制作へ
2001年 県知事選で静岡空港建設反対の水野誠一さんを「オリーブの木ネットワーク」東部代表として応援
2005年 鉄道高架事業の是非を問う住民投票条例制定に向けた条例請求代表者の1人になり署名運動を行うが議会が条例案を否決
レディース・シャポー(三島)&スダ・シャポー(東京)で25年間学び、帽子デザイナーとして2005年に帽子のアトリエ「クー・ドゥ・クーゥ」を開く
2006年 ・生活クラブ生協静岡・沼津支部委員長
・「沼津大好き塾」結成
主婦たちで立ち上げ、沼津のまちのあり方について「連続市民講座」を明海大学・長谷川徳之輔教授を講師に開講

2007年

沼津市議に初当選(2007~2011)現在3期目(2015~2019)
・全国自治体議員政策情報センター会員

(自治体の意思決定を行う議会の役割と責任を自覚し、全国的な情報交換と経験交流で力量を高め合うネットワーク)
2009年 ・香貫山影奉仕として香貫山のゴミ拾いを開始 毎月1回の活動
・紙芝居屋さんを結成(毎月1回保育園へ行き、そこで紙芝居をする)
2010年 全国フェミニスト議員連盟会員
(日本の政策決定の場である議会にあまりにも少ない女性議員をふやしていくため 、1992年に全国の市民や議員がつくった会員組織。現在会員約200名。)
2014年 ・全国自治体議員政策情報センター静岡県代表
・「沼津のまちと暮らしのあり方を考える」連続市民講座開催
・母力pj(プロジェクト)結成 
松元ヒロソロライブ開催
(お母さんたちで子どもたちに平和の大切さを繋げていこうと結成)

・「女性議員を増やす会 なないろの風」結成
(女性の政治参画をより強く推進するため県内女性議員を中心とした団体)

  

山下ふみこ

私のルーツ

祖父・植松亀太郎は大岡の現在の処に「沼津乗馬倶楽部」を営み、私が5歳の時に亡くなる。西椎路の愛鷹山麓には観音塚の石塔9基のうち1基に「鷹根村西椎路 植松亀太郎」と記された馬頭観音の石塔が今も残る。
父は「植松動物病院」を経営。

沼津乗馬倶楽部1
沼津乗馬倶楽部1

私の経歴・家族

2014年、娘が結婚しオーストラリアで建築家として仕事をしています。息子はメルボルンの大学生でマーケティングを専攻しています。
日本には私たち夫婦と92歳の祖母と犬2匹です。

喜ぶ祖母

92歳の祖母と孫の真麻
他のことは忘れてしまっても、真麻とは大の仲良し

犬2匹も家族です

犬2匹も家族です。
(フラットコーテッド・レトリバー)
10歳ノーマン
5歳ヴィーノ

か2

毎月第3土曜日の香貫山清掃活動は7年目。
『香貫山影奉仕』の仲間とゴミ拾いを続け、不法投棄がなくなってます。

保育園での紙芝居屋さん、子どもたちの笑顔は沼津の未来です♪
いつも元気をもらって6年になります。

元・我孫子市長の福嶋浩彦さんは、私の所属する自治体議員政策情報センター虹とみどりの理事でもあり、地方議員が目指すべき羅針盤的な存在。

選挙前に骨折

選挙に立候補する直前に足を骨折!立候補を断念するように言われ返って奮起!市議に初挑戦

山下ふみこの実績と活動

■ 2期目の実績 ■

未婚母子・父子家庭の保育料控除を実現!

 未婚のひとり親家庭として、子育てをする状況に差がないにもかかわらず、婚姻のある無しで保育料に差が生じる不利益は是正。県内初 「みなし寡婦(夫)控除 適用」

ゴミ収集を随意契約から制限付一般競争入札へ移行!

 ゴミ収集は半数が50年以上続いていた委託業者であり今までの随意契約から制限付き一般入札への移行を実現

アダプトプログラム制度導入 ”まちピカ応援隊”が誕生!

 市民が行う清掃活動に、市が清掃用具や保険加入の補助を行う『アダプトプログラム』制度を導入”まちピカ応援隊"が誕生

鉄道高架事業に対する財政的な見通しの甘さを指摘!

 三つ目ガードの道路冠水は鉄道高架では解決しないという事実が判明

ページの先頭へ