山下ふみこオフィシャルブログ

2014.07.29

鉄道高架見直しの記者会見

7/28、静岡県庁で鉄道高架見直しの記者会見を行う。

高架事業を巡って、川勝県知事の発言に対して、メディアが報道する趣旨と実際の知事発言の真意には
乖離があると考えていることから、地権者の代表と市民団体・さわやか沼津2012と未来の風の議員が、
それぞれの立場で記者会見に臨む。

県知事は「自分の任期中には強制収用をしない」という基本姿勢があるからこそ、二期目の県知事選は
高架化見直しの私たち全てが、沼津での事務所、支援者へのはがき、チラシまきについては全面的に
協力をした。

まさかそれを反故にするとは思えないものの、やはり、新聞にプラサヴェルデのオープン時の知事発言は、
メディアそれぞれ取材の取り方の違いはあったもののその真意を測りかねるものであった。

基本的には、地権者たちは県知事や県当局者とは何度も話を重ねているようで、信頼関係は築かれていると
地権者側は認識している。

しかし、この問題は事業の是々非々だけの問題ではないとしたら、大きな権力が動けば、一夜にして
信頼関係など消滅させることもできるはず。

でも、権力に迎合する知事ではないことは誰もが信じているのだが・・・

↑ クリック(拡大)

その要旨は翌朝の新聞に掲載された。

私は今までの議会質問においてもやはり財政的な見地から、この事業には反対をしてきた。

議会や委員会でこの財政的な問題に警鐘を鳴らしても、多くの市民に知れることはない。

市長も議会も高架をすることによってメリットはあっても、デメリットは何もないとでもいうのだろうか。
本体工事は787億円、工期は15年以上、これだけの大規模な事業であるにもかかわらず、
財政は大丈夫など言えないはず。

今の議会ではそのデメリットが何も論じられていないことこそ、市民への信頼を裏切っていることに
ならないのだろうか。

今最も問題になっている再インフラ整備、つまりバブル期のころに建てた施設等の老朽化の建て替えや
維持管理コストが大きな社会問題になっている。

例えば、三島市のHPを見ると、更新費用の試算をしたところ、60年間に1780億円、年間、29・7億円が
必要という結果になっています。

富士市においては65年の改築計算では3200億円、年間49億円という試算も公表されています。

沼津市においては、そのシミュレーションがされていません。もしやるとすればどれだけの財源が
必要なのか試算が出ていません。財政規模からいえば、2000億円以上になることは想定できる。

どれだけ市民生活に影響を与えるのか、どの自治体にとっても今後の財政運営を考えるときの基本的な
事であるにもかかわらず、そこも議論されていない。

 沼津市の衰退は高架ができないから問題だと言うのではなく、沼津市全体をとらえてみれば、地震・津波
対策は待ったなしの状況が厳然としてあるにもかかわらず、20年前に高架事業が必要だとされたことが、
普遍的な市民合意という点では既にあたらなくなっているのに・・・

まずは財政的な見地から、明らかにすべきことが明らかになっていない状況において、進める側はそこを
きちんと説明する責任を果たして欲しいと思う。

今回の記者会見で、私はその点について発言をさせてもらった。

2014.07.25

沼津にあるonly one求めて

7/24、今日は朝から市内でonly one事業をしている方々をお尋ねする。

最初に伺ったのは、京都で行われた第67回全国茶品評会で農林水産大臣賞を受賞した山二園の
代表・後藤義博さん。

沼津のお茶は美味しいお茶はできにくいと言われてきている。しかし、その地で日本一になった茶園が
あるとは知らず、それも毎年のように全国大会で受賞をしていると言うではありませんか。

山二園は社長の後藤さんが農大4年生の時に起業した。今で言う6次産業化を目指し、生産はもちろん
販売もすべて自力で行う。

どこのお茶農家も自分のお茶が一番だと思っている。その方法は我流であり、長年培った勘に頼ったものが
多かったのではないか。

しかし、他人が評価して初めて一番だと言えるのであり、その評価が改良に繋がっていく。結局、農業は
化学であり、きちんとしたデーターの裏付けを基に品質の最高を求め続けてきている。

その地道な努力と経営センス。その根底にあるのは、いかに自分のお茶が、その人に対して価値が
あるのか、より自分達の価値を高めていくことが、商品の価値を高めていくことになるという。

受賞した雲乃関は「100g・5400円」で最高茶だが、採算性から行けば赤字になると言うほど、
手間暇かけて育て上げる。このお茶が受賞をめざすために品質管理を徹底的に行っているお茶でもある。

2件目は「はまゆう」ホテル(写真を撮り忘れる)

はまゆうの目の前は「日本の渚100選」にも選定されている志下海岸にある。富士や夕日の名所として、
また海水浴場として最高のロケーションにあるが地元の人はほとんど知らない。
夏場は85%の稼働率であるがほとんど県外であると言う。

 

3件目は静浦漁港。

水揚げしたものを生かした地域おこしを計画していると言うことで行ってみたが、
関係者が誰もいなくてお話を聞くことができなかった。残念!

ここからも富士山が見える。港らしい雰囲気は沼津港よりも面白いかもしれない。

4件目は井田

既に限界集落になっているこの地域は高齢化も進み、海水浴客は「らららサンビーチ」ができてからと
いうもの減少の一途をたどっている。≪ららサンビーチよりはるかに水質は美しい。

民宿で泊まるより、車中か日帰りにする人が増えてきていると言う。

そんな中で唯一脚光を浴びているのは、「井田塩」。しかし、この塩づくりは過酷そのものであり、
塩が出来上がるまでの作業は14時間にも及ぶという。

1回の塩づくりに使う薪の量は軽トラック2杯分にも及ぶという。薪を調達するにも並大抵ではない。

一度の大量生産をせずに丁寧に作り上げるので、需要に追い付かない状況らしい。
しかし、あまりにも安いコストは、結局は後継者も育たず、もしかしたら一代限りになってしまうのか?

大自然に囲まれたこの地区は足を踏み入れただけで郷愁を感じ、安らげる地でもある。

次は門池にある村田農園。鉢植えの花栽培をしている農家です。若手の経営者が頑張っている様子は
なんとか応援していきたいものです。

今日は丸一日、経営者の方の苦労や地域の問題を聞かせていただく。
やはり現場に行ってお話を聞くとが課題も見え、解決策にもつながっていくだろうと感じる。

山二園さんが言うように、小売りは自分のお客様の信頼を裏切らない事が大前提であり、
自分の努力が直接見えるので、それが品質向上にもつながっていく。

やはりお客様との信頼関係をどう作り上げていくのか、長いスパンで時間をかけて日々努力を重ね築き
あげてきた過程が、揺るぎのない自信を作り上げていくのだろうか。

今日は本当に皆様お世話になりました。ありがとうございます。

2014.07.23

県内に女性議員を増やそう

7/21 県内の議員の呼びかけで、「静岡県の女性の政治参画をすすめる会」ということで
県内女性議員が集合した。

議会における女性議員の割合は、静岡県(市議会)は10.8%,全国平均では13.3%なので、
全国平均より大きく下回っている。

最近話題になった都議会でのセクハラ発言や政治活動費問題で大泣きした議員などはもってのほかと
思うが、セクハラ発言は、今回集まった女性議員の多くがパワハラやセクハラまがいの事を受けていた。

日頃、県内の女性議員同士で集まることがなく、初顔合わせの人たちが多いなかでも、同じ議員としての
苦労や屈辱も共有でき、其々の経験や克服してきたことを聞くことは大変有意義な時間であった。

今後、私たちのミッションとして、女性議員を増やす意義や可能性を探っていく中で、何ができ、
何の可能性があるのか、まずは市民に議員の仕事を理解をしてもらうための方法や、
市民力を上げていくにはどうしたらいいのか話し合う。

その一つとして、継続的な勉強会をやっていこうと言うことになる。

何故、政治の話がママ友の中ではタブーなのか?多くの女性たちが政治の話をすることを嫌う。

しかし、女性だからこそ、生活に密着した施策を出せるはず。日々の生活は全て政治で決めているわけ
だから。

しかし、その肝心なところが理解されない現実に、私たちはもっと市民に議員の仕事を理解をしてもらう
には何が必要か。政治に関心を持つ人も併せて増やしていくためのネットワーク作りをしようということ
になった。

多様性を実現するためと言いながら、議会の1割しか女性がいないことこそ不自然ではないのだろうか。
ダイバーシティ(多様性)を実現するための活動として、ネットワークを使いながら、まずは興味ある人
たちに呼びかけ、議員が何をしているのか勉強会を重ねていく中でその輪を広げていく。そして政治に
関心を持つ人を増やしていこうと言うことになった。

とにかく楽しい会になりそうな予感がする。

興味のある人はこの指とまれ~

2014.07.22

拝啓、川勝平太知事さま

今日の朝刊に高架事業のことが各新聞に掲載される。7月20日のプラサヴェルデのグランドオープン
記念式典終了後の記者団の取材に答えたものだと言う。

しかし、この発言は市民の政治への失望と不信感を増大させてしまったように思います。

↑ クリック拡大

↑ クリック拡大

今回の記事を見て私の友人からメールが届きました。本人の了解得て掲載します。

--------------------------------------------------------------------------------------------------

拝啓 川勝平太知事 様

  県民の皆様のための日頃のお働きに敬意を表します。

このたび、7月21日の各新聞に、知事が鉄道高架の実施を決断したという趣旨の内容が掲載されて
いました。しかし、具体的な決断の中身は何一つ示されていませんでした。

これでは地権者をはじめ沼津市民に対して、具体的な理由も示さず、「キーパーソンに会うとか、
秋に入ったころには、全部の方々に説明をし終える」などと、どういう趣旨で発言されたのか全く
分からず、またどうしてそんな裏話的なことを、公の場でお話をされたのでしょうか。

知事の今回の発言は地権者や高架反対の市民にとっては不安を仰ぎ、推進側にとっては期待をさせ、
このようなやり方は、公正性を欠き、地権者はもとより、私たち沼津市民をも傷つけることになって
しまったと思います。

この高架化は一部の地権者と県知事だけの問題ではありません。高架事業はもともと県事業とはいえ、
沼津市民全体の問題です。

本当に知事が推進すると言うならば、その可能性、事業の見通し、財源の確保、住民への影響、将来への
負担等を、住民が少しでも納得がいくように知事自らの言葉で話すことが最優先されるべきことで
はないでしょうか。それが住民に対する誠意であり、住民は知事に対して信頼を築くステップでは
ないでしょうか。

しかし、今回の発言は、住民の信頼を大きく損なってしまったことは誠に残念でなりません。

また、このようなやり方は、県政に対する川勝知事への期待があっただけに、政治への失望と不信感を
増大させてしまったような気さえします。

今、日本は世界に類を見ない人口減少と高齢化の中で、経済・財政事情は大きく変わり、公共施設や
インフラ整備の老朽化対策が今やっと問題視されてきたところです。

日々の生活に不安を感じている中で、まずは、先ほど申し上げた優先されるべき事柄について、
知事自らが明確に示すことが住民との合意形成を図る一歩ではないでしょうか。

それは地権者でもなく、キーパーソンでもなく、JRでもなく、政治家でもなく、善良な県民である
沼津市民に対して説明責任を果たすことから始まるのだと思います。

 
そして、今後その信頼を失墜させるようなことはどうぞなさらないように心からお願いをいたします。

2014.07.20

老舗とonly oneを求めて

町おこしの一環として、地元企業を紹介することで、地域の資源とコラボして、観光化につながる動きは
ないだろうかと模索をしている。地元だからこそ企画出来る着地型観光とでもいうのだろうか。

その中で、今日(19日)は、ある老舗の工場に関係者と伺う。そこは創業250年の老舗であり、
工場をこの沼津市に建設したのは1974年(昭和49年)40年経過しているが、ほとんどの市民が
知らないと思われる。

東名近くに工場を設けたのは、やはり物流の利便性と横浜平塚周辺よりは広い土地を手にすることができ、
なおかつ東京や名古屋の都心に近いことからだったと言う。

この状況は第2東名ができたことにより、グルメ街道周辺はもっと物流の拠点としての価値は上がって
きているように思う。

それは今後のグルメ街道を含めた周辺地域の在り方にも多いに繋がってくるだろう。

今日は、その企業から事業企画を出して欲しいと言われていたこともあり、まずは意見交換をする。
話をする中でいろいろの提案や意見が出てくるが、老舗の看板を抱えている企業としては、
新しい試みに対して、まずはリスクを先に考えてしまうようだが、それは無理からぬことであり、
当然のことだと受け止める。

例えば、東京での老舗ツアー:お江戸日本橋の誇る現在の老舗と、未来の老舗の関係者がお店の案内を
するという企画。

 100年以上続く [伝統老舗] と、これから100年以上続いて欲しい [未来老舗]の新旧のお店を歩いて
巡ると言うもの。沼津の場合は、単なる店だけのツアーに終わらせずに、企業とコラボをすることにより、
ウィンウィンの関係にすることができないものだろうか・・・

------------------------------------------------------------------------------------------------------

最近の旅行形態は9割が車で来る人だと言う。しかし、団体客の方が個人客より、お土産に使う額は多く、
一般的な購入額は6000円と4000円だから2000円程、団体客の方が大きい。

また、観光の分析をするにも、個人客は絞り込みができないが、団体バスツアーの人にアンケートをとる
方がその特性をより分析できるので、個人や団体を総合的に評価することより、団体客をターゲットに
評価したほうが適切な分析が得られるという。

観光で街を活性化するには、やはり、観光バスをより集客できるかであり、その乗り入れる為の
駐車場等の確保ができるかどうかが課題であるという。

そいう意味では沼津市は観光バスを乗り入れる為の駐車スペースがないことは、観光を誘致すると
言っても、既に大きなネックになっていると関係者の方から話を聞く。

やはり何とか沼津市独自の成功事例を創りだすことが必要であり、一過性のものではなく、
継続性が求められるのはいうまでもない。

最近、三島がすごくいい街になってきている。源平川だけではなく、その環境が周辺の地域住民の
玄関先にも広がっている状況は、まるで小布施の町を見ているような気さえする。

路地路地が本当に美しく気持ちのいい空間を創ってきている。

2014.07.20

第56回香貫山影奉仕

 7月第3土曜日(19日)の香貫山清掃活動。今にも雨が降りそうな中、56回目の清掃活動を行う。
先月は沼工生徒会が参加してくれたが、今回は学校行事があるため、私たち大人だけの清掃活動である。

(6月の清掃活動は沼工生と一緒)

7月の清掃活動 (ちょっと高校生の参加の時と私たちの表情を比べてみて)

いつも写真に載らないが大活躍をしている古屋さん

曇天の作業しやすい状況であったが、やはり作業中は滝のような汗に水分補給は欠かせない。

沼津市オリジナルの柿田川湧水のペットボトル(非売品)

沼津市のまちピカ応援隊の申請許可を受け、市から消耗品の支給と傷害保険の加入がされ、
より安心して作業をすることができる。

草刈前

草刈後

この時期は雑草の伸びが早く、7月~9月にかけては行政委託の事業者が草刈等をしているが、
なかなか全てに手が回らない。

私たちは、事業者さんの迷惑にならないように、また重複しないように、農林農地課からの作業の
計画地図を参考にして、メンバーが現場を事前に調査した中で作業をする場所を決める。

シルバーさんの仕事

影奉仕の仕事

使用前

使用後

来月も第3土曜日を予定。集合は9:00 香貫山・香陵台の茶屋前に集合

自由参加です。お待ちしています。

2014.07.11

鉄道高架事業が及ぼす財政的な影響

7/11 今朝の静岡新聞に知事は鉄道高架を進めていく状況にあると書かれています。高架化は進めたいが、
貨物駅移転に関しては、地権者との合意形成がされていないから進めたくても進められない状況にある
と言っています。

確かにその通りです。

それは今も昔も知事の考えは何も変わっていません。強制収用は自分が知事である限りしないという
前提です。

知事の一挙手一投足にメディアや推進派が、いかにも進展しているかのように騒いでいるだけのように
私は感じています。

 地権者はいたって冷静ですが、この事業は地権者だけの問題ではないことを忘れていませんか?

★★★財政的議論が何故されないのか?★★★

私は議員になって7年間、沼津市の財政的な見地からこの事業に関して問題提起をしてきました。

●高架事業は沼津市にとって、どういう財政的影響を受けるのか。

●本当に市民サービスの低下を招くことなく、この事業が完成するのか?

 この基本的な疑問に、市長は税金を上げなくても大丈夫というだけで、財政的根拠の議論は
何一つされていません。

信じられないと思いますが、当局の示した財政分析を基に、議員は「財政指標がいいのだから大丈夫」と
言うだけです。それに対するシュミレーションの提示はありません。

★★★財政的議論がされないことの不幸★★★

 高架事業の大きな問題は、財政的なことが何も議論されないままきていることに根本的な問題が
あります。

高次都市機能、東部唯一の玄関口、交通渋滞の解消、B/C(費用便益分析)・・・
それは高架をするための大きな要因といわれています。

 しかし、そもそもの財政的な負担が市民生活のどのような影響をもたらすのか、
何も議論されずにその効果だけを言われても私には納得ができません。

先日、県の交通基盤部という処に会派で行きました。

私:「高架事業は県事業であり、県として沼津市の財政的な状況を把握すべき立場であるのではない
ですか?」

県:「そんな立場にはない。」

私:「しかし、県としてはその事業によって、沼津の市民、つまり県民が、財政的な負担を背負うことに
問題があるかどうか、調査すべき立場にあるのではないですか?」

県:「沼津市さんが大丈夫と言っている以上、県がそれ以上言うべきことではない」

私:「では、インフレや復興事業による労務単価の上昇や資材の高騰が大きくなっている現在、
高架事業の積算見直しをする必要性についてはいかがですか?」

県:「いくら積算の見直しをしたところで、あなた方はその金額がたとえ半額になったとしても、
高架事業をやるということにはならないでしょう?そんな無意味なことに金を使うつもりはない。」と。

地方自治法上からも、県の担当者の認識に対して失望をしたのは言うまでもありません。

★★反対派がこの沼津市をダメにしている★★

市長や当局が財政的に大丈夫ということだけを鵜呑みにして、議員としての責務を果たしているのか!

今の状況は反対派がいるから沼津市は何も発展してこないと問題のすり替えをしているように思えます。

 

反対派の私たちも、今、必要な橋上駅や自由通路の早期実現を何度も提案してきました。

 しかし当局は、「高架化は政策として決めたことだから、自分たちはその事業を進めていくことが
任務であり、その代替え案を考えること自体おかしい。」と言います。

市民が選挙で選んだ高架化推進の市長・議員(22人/28人)が大多数ですから当局のいうことも当然
なのかもしれません。

★★★待ったなしの課題が山積★★★

 今後予想される建物の老朽化対策(私の試算1500億円以上)、ゴミ焼却施設建設(200億円以上)、
下水道整備や病院の赤字等・・・

そして人口減少や高齢化にどう対応していくのか、東南海地震による津波対策、待ったなしの問題が
山積しています。

それらすべてが財政的見地から、総合的に議論されなければならないはずです。

 一つ一つの議論はされても、それが高架化だけは蚊帳の外になっている状況は、
とても不自然のように思えます。

皆さんにとって、「もういい加減にして!」と思っている高架の財政的問題はこれからです。

それは沼津市の根幹的な財政に大きく影響をしてくるからです。

この問題を語らずして、何をするにしても進めたくても進めないのは、
この長期的事業の持つ財政的影響があまりにも大きいからです。

財政的根拠を棚上げにして、事業自体の賛成・反対だけに終始一貫されている今の状況を憂うものとして、
この事業の不自然さを感じずにはいられません

 どうぞ、改めて考えて欲しい。高架事業は地権者だけの問題ではなく、沼津市の将来世代に大きな
財政的負担を負わせるものであるからです。

★ あなたは、何はなくても高架化を望む覚悟がありますか?★

2014.07.02

集団的自衛権の解釈改憲とは

改めて憲法を考えようと三島市成真寺で、伊藤真弁護士の講演が先週行われた。
彼は日弁連憲法問題対策本部副本部長である。

憲法とは何か、そして集団的自衛権とは何か、国民として基本的な憲法を理解するために参加をした。

まずは法律と憲法の違いとは?

★★★ 憲法の必要性★★★

多数意見が常に正しいわけではない。情報操作や雰囲気、目先の利益に惑わされることもあり、
そういう意味では人間は間違いを犯すことがある。→だから多数意見にも歯止めが必要→多数意見でも
奪えない価値とは「人権、平和」

それを守るのが憲法

★★★憲法とは★★★

「国家権力を制限して、国民の権利・自由を守る法」つまり、国民が国に歯止めをかけるもの。

法の中には「憲法」と「法律」があり、★法律は国民に義務を課すが、憲法は国民が国(政治家)を
縛るものであり、国民には憲法を守る義務はなく、政治家に守らせる責任があるだけ(憲法99条)



今、自民党の改憲草案には、国を縛る憲法から国民を縛る憲法へ変えようとしているらしい。

憲法9条 恒久平和主義

1項 「日本国民は、正義と秩序を基調とする国際平和を希求し、国権の発動たる戦争と武力による
威嚇又は武力の行使は、国際紛争を解決する手段としては、永久にこれを放棄する。」

2項「前項の目的を達するため、陸海空軍その他の戦力は、これを保持しない。国の交戦権は、
これを認めない」

--------集団的自衛権の解釈改憲とは-----------------

軍事力だけが国際貢献ではないはずなのに・・・国民的議論がないままに

「戦争ができる国」へ

●戦争放棄から安全保障へ

●平和的生存権と交戦権否認条項削除

●集団的自衛権の容認(9条2項)へ

この問題点: 国民を危険にさらすことになる。近隣諸国との緊張を高め、軍拡を助長する。日米同盟を
強化し、米国からの要請に応えるためには、平和国家という日本の英知の結晶を否定することになる。

----------------------------今を生きるものとしての責任を果たすには--------------------

戦争を経験した日本の先人たちの英知の結晶である日本国憲法。政府の行為によって再び戦争の惨禍が
起こることのないようにすることを決意し、ここに主権が国民に存することを宣言し、
今の憲法が存在している意義を私なりに考えてみたい。

私の子どもを戦場にいかせないために今何をすべきなのか・・・

------------------------------------------------------------------------------------------

集団的自衛権の解釈改憲の閣議決定に反対の記者会見 県庁にて

その勉強会から1週間もたたずして、今日7/1、安倍政権は集団的自衛権の解釈改憲、
閣議決定がなされた。

国会審議も国民的議論もほとんど行われずに、閣議決定してしまったことに、大変不安を感じている。

今日は自治体議員立憲ネットワーク静岡県の議員9人が静岡県庁で集団的自衛権の解釈改憲の閣議決定に
反対の意志表示をした。

カレンダー

«7月»
  1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31   

ブログ内検索

フィード

ページの先頭へ